ココナッツオイル

髪にも肌にも身体にもよいココナッツオイル。

あまり知られていませんが、実は最近日本でも気軽に手に入る様になったスーパーフードの1つなんです。

調味料や食用油として簡単に食事に取り入れることが出来るココナッツオイル。

どういった効果があるのでしょうか?

ココナッツオイルの効果

・ダイエット効果

体内に溜まっている脂肪と一緒に燃焼してくれる、燃焼スピードが高いココナッツオイル。

身体に余分な脂肪が溜まりにくくなるので、ダイエット効果が期待出来るのです。

さらにココナッツオイルの実に50%にあたる飽和脂肪酸であるラウリン酸が胃腸の働きをよくして便秘を改善してくれます。

・美容効果・アンチエイジング

アンチエイジングに必要な抗酸化作用。

ココナッツオイルには強い抗酸化作用のあるビタミンEを豊富に含んでいるのです。

摂取する事によって肌の酸化が抑えられ、美容・アンチエイジング効果に繋がります。

・アルツハイマー防止・動脈硬化予防

アメリカの最新の研究でココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸がアルツハイマーの防止に効果があると実証されました。

血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあるため、動脈硬化予防も期待出来ます。

ただし気をつけて頂きたいのはヴァージンココナッツオイルを摂取した場合であること。

安価のココナッツオイルは水素化されていて、中鎖脂肪酸ではなく長鎖脂肪酸が含まれているのです。

その場合は肝臓に負担がかかり、脂肪肝の恐れがあります。